18世紀 スイベルリング アンティークジュエリー
18世紀 スイベルリング アンティークジュエリー 実物大 実物大
1円玉サイズ ←実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小の比率が分かります。

18世紀 スイベル リング(回転式指輪)
フランス 1780年頃
18K、エナメル・ミニアチュール(七宝細密画)、ギロッシュエナメル、 ガラス、象牙又はマザーオブパール
重量5,1g
2cm×1,1cm
サイズ12号
Sold
この指輪が作られた年代は、工芸が絵画などの大芸術と同じぐらいに高く評価された特別の時代です。

スイベルリング(回転式指輪)は、古代エジプトやエトルリアで既に紀元前に作られていますが、18世紀後期にも人気が復活して作られているのです。

ルネサンス期の指輪にベゼルの裏にまで美しいエナメルを施した物がありますが、このスイベルリングはどうせベゼルの裏に手間を掛けて美しくするのなら、回転させて表からも見えるようにしようと思ったのではないかと推測しています。

つまり、古代の回転式指輪にルネサンスの指輪の魅力をプラスしたような不思議な魅力を感じる指輪なのです!♪

まあ、そのおかげで一つの指輪を二倍楽しめるのだから、すご〜くラッキーってことですね♪

Aは縁に金に地模様を彫って半透明のグリーンエナメルを施したギロッシュエナメルですが、珍しいのはその上に白い盛り上がったエナメルのドットを付けていることです!

このようなエナメルはずっと後の19世紀後期にカルロ・ジュリアーノの作品で有名ですが、もしかすると、この18世紀のエナメルが原点なのかも知れません!

そういえば、あのファベルジェのギロッシュエナメルも18世紀のエナメルが原点ですからね。

グリーンの縁の内側はガラスでカバーされていますが、その下には植物模様の彫金があり、さらにその下には地模様が見えるピンクのギロッシュエナメルのような物があるのですが、これは質感からしてエナメルではないようです。では何かというと僕も分かりません(笑)。
だって過去に見たことがないのですから・・。

グリーンとピンクの組み合わせは、色彩的には?なのですが、実物は小さな物なので、違和感は全くありません!
この指輪は画像よりも実物の方がずっとずっと良い物です!!


Bは象牙又はマザーオブパールにエナメルの細密画で、モチーフは帽子を被った貴婦人?で何故か長い棒を持っている不思議な絵です。

この時代は貴族が館の庭園に小屋を建て、羊飼いの恰好をして戯れたという話を何かの本で読んだことがありますので、この絵はその様子を描いたのか知れないと思っています。

これもガラスでカバーしてあります。普通はエナメルでない細密画にはガラスでカバーをして、エナメルの細密画はそもそもガラス質なのでガラスのカバーは付けないものなので、これも珍しいことです。

縁のブルーのエナメルにはAと同じように、白いエナメルのドットが付けられています。一箇所のドットが修理した時に無くなっています。
シャンク根本は縁がブラックのホワイトエナメルで、リボンの中央部の丸い盛り上がったブラックエナメルです。


エナメルに付いては《知られざるエナメルの魅力》でご覧下さい。

18世紀 スイベルリング アンティークジュエリー
18世紀 スイベルリング アンティークジュエリー
シャンク シャンク
シャンク根本は縁がブラックのホワイトエナメルで、リボンの中央部の丸い盛り上がったブラックエナメルです。
シャンクのエナメルは若干の修理した痕がありますが、これだけの古い年代の希少価値がある指輪なので充分許せる範囲のことです。
サイド サイド
縁の白いエナメルのドットは厚みのある物であることが分かります。
裏 裏
サイド  
指輪ケース アンティークジュエリー リングケース アンティークジュエリー リングケース アンティークジュエリー リングケース アンティークジュエリー
まるで帽子のような珍しい形の素晴らしいケースは、19世紀のケースですが、時代は違ってもこの18世紀の貴重なスイベルリングには相応しいケースだと思います!♪

ページトップ

Free Call 0120 974 384 年中無休。平日 AM 10:00 - PM 11:00 、土日 AM 11:00 - PM 11:00。携帯電話もOK