ヴィクトリア女王 戴冠式  ヴィクトリア女王 ミニアチュール・エナメル ポートレート・ブローチ
ミニアチュール ダイヤモンド ブローチ 実物大 アンティークジュエリー
1円玉サイズ ←実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小の比率が分かります。

『英国王室が作らせた素晴らしいエナメル・ミニアチュール!』
ヴィクトリア女王 ミニアチュール・エナメル ポートレート・ブローチ


イギリス 1876年頃
オールドヨーロピアンカット・ダイヤモンド、ローズカット・ダイヤモンド、シルバー、ゴールド
大きさ 2.5cm×2.2cm×0.5cm(厚さ)
重量 7.8g
¥838,000-






ヴィクトリア女王の全身を描いたヴィンターハルターの肖像画を元にしたミニアチュールをセットしたブローチ。
非常に良質でカットも素晴らしいオールドヨーロピアンカット・ダイヤモンドをフレームにセットしています!

1837年から1901年という長い治世の間に、女王は自身の肖像画をセットしたジュエリーを数多く下賜していますが、通常はこのような絵画を元にしたミニアチュールが使われていました。

このブローチの裏側には、王冠と V R I (Vitoria Regina Imperatrix、ヴィクトリア 女王 女帝)と彫られていて、ヴィクトリア女王がインド皇帝に即位した記念(1876年)に作られた物と思われます。

フランツ・ヴィンターハルター
ヴィクトリア女王の戴冠式 1843年
ヴィクトリア女王 ミニアチュール・エナメル ポートレート・ブローチ
裏のモノグラム 裏のモノグラム

裏側には、王冠と V R I (Vitoria Regina Imperatrix、ヴィクトリア 女王 女帝)と彫られているので、ヴィクトリア女王がインド皇帝に即位した記念(1876年)に作られた物と思われます。

さすが英国王室が作らせたジュエリーと納得出来る、とても見事なな彫りです!

フレームの作りも完成度の高い素晴らしい作りで、極小のローズカットダイヤモンドの裏も、一般的なジュエリーに比べて格段に完成度の高差を感じる窓が開けられています!

ちなみに、大英帝国の王(king)は「皇帝(emperor)」と名乗るのを憚っていました。
ヴィクトリア女王は、「インド帝国」の統治者として初めて「皇帝」の称号を得ました。


ミニアチュール ダイヤモンド ブローチ アンティークジュエリー ミニアチュール ダイヤモンド ブローチ アンティークジュエリー
1845年頃 1843-1860年頃
ヴィクトリア女王 ミニアチュール ダイヤモンド ブローチ アンティークジュエリー

上の画像はロイヤルコレクションにある二つの 1840-1860 年代のミニアチュール・エナメル ポートレート・ブローチ。
上左の物は1845年頃、上右の物は1843-60年と書いてありました。

二つともウィンターハルターのヴィクトリア女王の肖像画(1843年)を元にウィリアム・エセックス(1784-1869)が細密画を描いたと説明されていますが絵の描き方が微妙に異なっています。


今回、ご紹介している左の作品は、1840年から1860年代に描かれたミニアチュール・エナメル ポートレートを使って、ヴィクトリア女王が
「インド帝国」の皇帝に即位した時1876年に作られた物と思われます。

ダイヤモンドを使った枠も全く同じデザインで作られていますが、カットをよく見ると、上左のブローチの石はやや扁平の「クッションシェイプ」になっていますが、上右の物はラウンド形に近いカットになっていて、年代の違いが感じられます。

今回ご紹介した左の作品は、裏のモノグラムと、ダイヤモンドラッシュが既に始まっている時期と感じさせる、優れたカットで上質のオールドヨーロピアンカット・ダイヤモンドが使われています!


ミニアチュール ダイヤモンド ブローチ アンティークジュエリー ヴィクトリア女王 エナメル・ミニアチュール 拡大

一円玉よりも小さいサイズに女王の顔(7mm×5mm)と彼女が戴冠式で身に着けたジュエリーまで細密に描いています。
大きな肖像画と全く同じように見えるというのがすごいところです。

エナメルミニアチュール(細密画)は先に単色で焼成したエナメルを下地として、その上にエナメル画を描き焼成する技法です。
鑑賞用の大きな物もありますが、ジュエリーの場合はすべて細密画(ミニアチュール)です。
エナメルでない普通の細密画でさえ難しい技術なのに、エナメルで細密画を描くということは、少しでも七宝焼きの経験がある人なら、絶対に出来る訳がないと思うほどの超難度の技術なのです!!
しかも絵画と違い、1000年経っても変色しない永久に変わらぬ作品なのです。

細密画は写真技術の発達により、19世紀中期から衰退していき、ウィリアム・エセックスのようなミニチュアリストでさえ、晩年は困窮していたと言います。

ここに描かれた「リーガル・サークレット(王冠)」は、もともとジョージ4世が1821年の戴冠式の際に着用した物で、それぞれアイルランド、イングランド、スコットランドの象徴であるシャムロック、薔薇、アザミを交互に配したデザイン。現在エリザベス2世が着用しています。

身に着けているダイヤモンドジュエリーは、オスマン帝国のマフムト2世から送られたダイヤモンドをランデル&ブリッジという宝飾店で天然真珠を加えてネックレスにしたもの。当時、オスマン帝国はエジプトの問題でイギリスの協力を得ようとしていました。 (参考:Royal Collection Trust)

ミニアチュール ダイヤモンド ブローチ 実物大 アンティークジュエリー

ミニアチュール ダイヤモンド ブローチ アンティークジュエリー ミニアチュール ダイヤモンド ブローチ アンティークジュエリー
ミニアチュール ダイヤモンド ブローチ アンティークジュエリー ミニアチュール ダイヤモンド ブローチ アンティークジュエリー
ミニアチュール ダイヤモンド ブローチ 右側面 右側面

仮予約とお問合せはメールかフリーコール(0120-974-384 片桐)でどうぞ(pm11時までOK)携帯もOK


ページトップ

Free Call 0120 974 384 年中無休。平日 AM 10:00 - PM 11:00 、土日 AM 11:00 - PM 11:00。携帯電話もOK