ハート型 アメジスト ペンダント
 アンティークジュエリー
実物大
1円玉サイズ ←実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小の比率が分かります。
ハートカット・アメジスト ペンダント

イギリス 1880年頃

ハートカット・アメジスト、シードパール(天然真珠)、
エメラルド、ルビー、18ctゴールド、
4,5cm×2,4cm
アメジスト 2,5cm×2,4cm 厚み1,3cm
重量 12,1g
¥780,000-

ハート型 アメジスト ペンダント





『ハートカットのアメジストをノーフレームで王冠に下げたデザインは、実に気品のあるもので、王族または貴族が特別に作らせたペンダントに違いありません!!』


宝石鑑別士も、これだけ大きくて、インクルージョンが無い美しいブラジル産のアメジストは珍しいねと絶賛していました!♪

もちろん現代のアメジストと違って非加熱なのは言うまでもありません!

しかも1,3cmも厚みがあるハート型のカットは、表裏ともに素晴らしいのです!!

最上質のアメジストは巧みなカットによって、よりいっそう美しい石になっているのです!!


このアメジストのカットの特徴は、表より裏がずっと厚みがあり、カットの面数が、普通のものより格段に多いので、 表から見た時に周辺部が美しく輝き、何とも言えない魅力を感じるのです!!♪


アメジストを下げている王冠は立体的な形状で、表には中央にルビー、左右にエメラルドがセットされています。

王冠のデザインは王族又は貴族が作らせた物と思われます!
ハート型 アメジスト ペンダント

ハート型 アメジスト ペンダント



これが裏とは思えないぐらい美しいでしょ!!


王冠は完全に立体的な作りで、シードパールは裏にまでセットされているのです!!

このハートカット・アメジストは、通常のハートカットに比べて表より裏がずっと厚みがあるのが特徴ですが、これには訳があるのです。

当時の胸の部分を大きく開けたドレスで、胸の谷間にアメジストが来るように付けると、ころんころんしないで安定したからなのです!

今の日本では、そういう付け方はちょっと勇気がいるかも知れませんが(笑)。

まあ、でも少し傾いてもどうってことはないでしょう。
何でしたら裏を向けて下げても良いんですよ。
これだけ裏が美しいのですから・・・。

とにかく、このハートカット・アメジストは実物をご覧になれば、きっとその美しさに魅了されることと思います!♪









ハート型 アメジスト ペンダント


ハート型 アメジスト ペンダント
ハートカットは普通のカットに比べてずっと難しいので、ハイクラスのジュエリーにのみに施されるカットです!
ハート型 アメジスト ペンダント
参考

『現代の色石とアンティークの色石の違い!!』
ハート型 アメジスト ペンダント
1円玉サイズ ←↑実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小の比率が分かります。

裏がすごく厚みがあるので、少し横向きにはなりますが、問題ないと思います。
裏を出して下げれば正面を向いています。裏も表とほとんど同じ美しい作りなので、どちらを出しても使えます。
高級シルクコードをお付け致します。
現代の18金のチェーンでクラシックな物(約2万円)を実費でお付けすることも出来ます。
仮予約とお問合せはメールかフリーコール(0120-974-384 片桐)でどうぞ(pm11時までOK)携帯もOK


ページトップ

Free Call 0120 974 384 年中無休。平日 AM 10:00 - PM 11:00 、土日 AM 11:00 - PM 11:00。携帯電話もOK