仮予約とお問合せはメールかフリーコール(0120-974-384 片桐)でどうぞ(pm11時までOK)携帯もOK
エトラスカンスタイル ゴールド ブローチ 実物大
1円玉サイズ ←実物大↑
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小の比率が分かります。
エトラスカンスタイル ゴールド ブローチ
(ロケット付き)

イギリス 1870年頃
15ctゴールド、
直径 3cm
重量 9,2g
¥188,000-


紀元前5〜6世紀頃に今のイタリアで文化を誇ったエトルリアの金細工は、歴史上最も高度な技術で作られた金細工と言われています。

このブローチは、古代エトルリアの遺跡から発掘された素晴らしい金細工に刺激を受けた19世紀の職人が、縒り線の技法を駆使して19世紀後期のファッションにも似合うようなジュエリーとして作ったものなのです!
エトラスカンスタイル ゴールド ブローチ 上の画像では縒り線のボール状の周りの装飾と外側の縁が黒っぽく写っていますが、これはその部分を磨いてピカピカに仕上げてあるからで、その他のつや消し加工をしてある部分は金色に写っているのです!

このエトラスカンスタイルのブローチは、マット仕上げと磨いて輝くようにした部分のコントラストが美しく、それを計算して作ったクラフトマンのセンスの良さには感激です!♪


エトラスカンスタイル ゴールド ブローチ 中央部を花びら状に凹ませて、そのセンターに細い金線で作った縒り線を巻き付けた縒り線のボールはエトラスカンジュエリーの本領発揮と言える魅力的な金細工です!♪


肉眼でこの部分を見ていると、まるで極小の粒金細工のようにも見える不思議な魅力がありますね♪


十分の一ミリもないような極細の金線を作ること自体が至難の業です。


金の展延性(薄く細く加工出来る性質)を生かして、これ以上は不可能なほど細く延ばして作られた二本の金線を奇麗に縒るのもまた普通では不可能な難しい作業なのです!!


だからこういう細工の物は滅多に見ないのです!!


僕はダイヤモンドなどより、こういう金細工の方がずっと価値があると思いますね!!


エトラスカンスタイル ゴールド ブローチ

外側の縁の内側に三種類の縒り線&捻り線が使われているのも素晴らしいですね!!♪


肉眼では気がつかないような繊細な金細工に、これほど気を使って作ったクラフトマンシップには感動するばかりです!!♪


部分拡大 エトラスカンスタイル ゴールド ブローチ

裏 裏
アンティークのケース アンティークケース
オリジナルではありませんし、傷みもありますが立体的なアンティークならではのハンドメイドの皮ケースが付いているのもラッキーです!♪


ページトップ

Free Call 0120 974 384 年中無休。平日 AM 10:00 - PM 11:00 、土日 AM 11:00 - PM 11:00。携帯電話もOK