仮予約とお問合せはメールかフリーコール(0120-974-384 片桐)でどうぞ(pm11時までOK)携帯もOK

実物大
1円玉サイズ ←実物大
ブラウザによって大きさが違いますが、1円玉(直径2cm)を置いてみれば実物との大小の比率が分かります。
エトラスカンスタイル ゴールド ペンダント

イギリス 1870年頃
15ctゴールド
本体 6,3cm×1,9cm
チェーン 45cと52cm(アジャスター付き)
重量 8,7g
¥680,000-

エトラスカンスタイル ゴールド ペンダント
エトラスカンスタイル ゴールド ペンダント




紀元前5〜6世紀頃に今のイタリアで文化を誇ったエトルリアの金細工は、歴史上最も高度な技術で作られた金細工と言われています。

カステラーニが古代エトルリアの遺跡から発掘されたエトラスカンジュエリーに刺激を受けて、画像Aのような考古学的様式のエトラスカンスタイル・ジュエリーを作ったことで、エトラスカンスタイルのゴールドジュエリーが流行して多くの魅力的な金細工のジュエリーが作られるようになったのです。

僕は細工物が好きなので、昔からエトラスカンジュエリーはずいぶん扱って来ましたが、粒金と縒り線を多様した古典的などちらかというと男性指向のデザインんがほとんどなのです!

そんな中でこのエトラスカンスタイルのペンダントは、女性好みと言える縦長の
エレガントな雰囲気のデザインで、これは極めて稀なエトラスカン ゴールド ジュエリーなのです!!

しかもこのペンダントが作られた1870年代のファッションは1850年〜1860年代の重くてボリュームのあるドレスとは違い、もっと軽やかなエレガントな雰囲気に変わっていたので、そのようなドレスに似合うデザインのペンダントとして作られているのです!!

だからこのペンダントは普通のエトラスカンスタイル・ジュエリーとは違って、現代のファッションにも良くマッチすのです!!♪


カステラーニ
A
左は僕が以前に扱ったカステラーニの考古学的様式のエトラスカンスタイル・ジュエリーです。

エトラスカンスタイル ゴールド ペンダント 部分拡大

つや消しにした円形の凹面に無数の極小の点を打ったブトウの葉が繊細に輝き、蝋付けされた沢山の粒金もまた輝いているので、宝石を一切使わなくてもこれだけ美しく見栄えのするジュエリーになっているのです!!♪


円形凹面の部分の左右の縁から伸びるダイナミックな曲線のラインは、奇麗に磨かれて輝くことにより、ブドウの葉とブドウの粒金の輝きとのコラボレーションが、古(いにしえ)のゴールドジュエリーの彷彿させる役目を果たしているのです!!♪

部分拡大 裏
エトラスカンスタイル ゴールド ペンダント
エトラスカンスタイル ゴールド ペンダント


ページトップ

Free Call 0120 974 384 年中無休。平日 AM 10:00 - PM 11:00 、土日 AM 11:00 - PM 11:00。携帯電話もOK