仮予約とお問合せはメールかフリーコール(0120-974-384 片桐)でどうぞ(pm11時までOK)携帯もOK

スパイダー ダイヤモンド ペンダント アンティークジュエリー
これは単なる高級なジュエリーとして作られた物ではありません!!
これはアーティストがコンテストの出品するために特別に作った作品だと僕は思っています!!
オールドヨーロピアンカット・ダイヤモンド 









何という美しいダイヤモンド!!

この透明感、この虹色の輝き!!!♪

ダイヤモンドの美しい輝きとルビー&エメラルドの美しい色彩のコラボが何とも美しい!!!♪

大きなダイヤは、現代でも最高級のカットと言われているトルコフスキーカット(アイデアルカット)に極めて近い、当時の最先端のカット!!

それなのにクッションシェイプ・カットとローズカットのような古い時代のカットのダイヤモンドまでもミックスしてセットされているのも、カットによる輝きの違いを計算したものに違いありません!!

石を留めている爪がほとんど見えないような、石を石で留める特別のセッティングは、本来なら19世紀中期以前のセッティングなのですが、最先端のカットのダイヤモンドとのコラボがアーティストの作品らしいところです!!

1キャラットオーバーの大きなダイヤモンドで、これだけハイグレードの石は指輪でなければありえないことなのです!!




スパイダー ダイヤモンド ペンダント アンティークジュエリー 獲物を狙っているような表情なで感じられる素晴らしいデザイン!!



眼がルビーではなくてエメラルドなのが良いんです!!

スパイダー ダイヤモンド ペンダント アンティークジュエリー

マーク

スパイーダー ダイヤモンド ペンダント アンティークジュエリー 1円玉サイズ
『スパイダーマンのペンダント?(笑)

オーストリア? 1900年頃
オールドヨーロピアンカット・ダイヤモンド、ローズカットダイヤモンド、エメラルド、ルビー、
プラチナ、シルバー、18ctゴールド、
直径 3cm
重量 8,8g
現代のプラチナチェーン付(40cm)
¥1,300,000-

このモダンで現代的なデザインから、アールデコの時代と思いきや、これはもっと古い1900年前後に作られた物なのです!!!

このスパイダーのペンダントはいろんな意味でとても面白い物なんですよ!!

まず使われている素材が、足がプラチナでダイヤが付いている胴体はシルバー&ゴールド、頭部はシルバー、目の部分はゴールド&シルバーそれにフレームは18ctゴールドでバチカンはプラチナという、とても興味深い使い方なのです!!!
(フレームの数字と文字でそれが解ります)

足にプラチナは使っていますが、メインのダイヤが留めてある部分がシルバーであることから、まだ一般的にはプラチナが市場に出回る前にコストを無視して、極めて高価だったプラチナを使った特別の作品ではないかと僕は思っています!!

このスパイダーが相当お金を掛けて作られた物であることは、センターのダイヤモンドが1キャラットオーバーもある、極めて上質の石が使われていることからも解ります!!

非常にクリーンな石で、照りもとても良くおまけにカットも最先端の実に美しいカットです!!

ダイヤの裏の尖った部分(キュレット)のカットがとても小さいですが、これが最先端のカットの特徴なのです!!


胴体の部分のセンターには大きなダイヤモンドが輝き、上下左右にクロスのように上質のエメラルドがセットされ、その左右に綺麗なルビーが三個セットされています。

さらにそれ以外の部分に隙間無くびっしりと小さなローズカットダイヤモンドとオールドヨーロピアンカット・ダイヤモンドがセットされているので、ダイヤモンドの輝きとエメラルドとルビーの美しい色彩のコラボが見る人の目を楽しませてくれるのです!!!♪



スパイダー ダイヤモンド ペンダント アンティークジュエリー 裏
スパイダー ダイヤモンド ペンダント アンティークジュエリー
スパイダー ダイヤモンド ペンダント アンティークジュエリー
スパイダー ダイヤモンド ペンダント アンティークジュエリー


ページトップ

Free Call 0120 974 384 年中無休。平日 AM 10:00 - PM 11:00 、土日 AM 11:00 - PM 11:00。携帯電話もOK